2015年夏のフライト狂想曲(2)

2015年6月中旬から
慌ただしい移動の日々を送っている。

6月13日(日)は香港からマニラ、
14日(月)マニラからセブ、
17日セブから香港はLCCの
セブパシフィック航空を使った。

チケットがキャセイの
半分ぐらいの価格なのだ。

6月19日(金)の香港から上海は
貯まったマイレージを使って
キャセイの特典航空券を取得した。

必要マイル数は
アジアマイルで15,000マイルだ。

6月26日(金)の上海から東京、
7月2日(木)東京から上海の往復は
デルタ航空(Delta)のでの特典航空券を使った。

必要マイル数は
デルタスカイマイルで55,000マイルである。

復路は同じ
スカイチーム(Sky Team)の
中国東方航空(MU)だった。

ところが
上海に戻るために
7月2日午前10:00の便に
乗るために空港へ行くと
チェックインカウンターで
予約が入っていないことがわかった。

デルタ航空に問い合わせると
「予約を入れた」というが、
東方航空に問い合わせると
「予約が入っていない」という。

2社の連絡の
どこかにエラーがあって
予約が漏れていたらしい。

結局離陸時間まで
解決ができずに予定していた
便には乗れなかった。

その後手違いが判明したが、
対応したデルタ航空の担当からは
18:00のデルタ便に乗るように促された。

13:20発の
東方航空の便があったので
そっちに乗りたいと伝えると

「その便は特典の枠がないから自社の便に乗ってほしい」

という。

これはさすがに
腹に据えかねたので

「そっちのミスでこうなったのだから東方航空のチケットを買ってでも乗せろ!」

と強く要求したら
なんとかその通りになった。

1月のユナイテッドといい、
デルタといい、
いつもアメリカの航空会社の対応は
極めて悪いと感じるばかりだ。

今回ようやく貯まった
スカイマイルを使い切ったので
しがらみがなくなる。

よっぽどのことがない限り、
今後はこれらの航空会社を
使うことはないような気がする。

7月3日は急遽上海から
香港に戻ることになったので、
ここでキャセイの片道チケットを買った。

上海でチェックインをすると、
いつもは搭乗券とともにもらえる
ラウンジの入場券がない。

どうやら6月までの一年間で
キャセイの20セクターをクリアできずに
シルバーメンバーからグリーンメンバーに
格下げになったらしい。

香港-日本の往復と
香港-上海の往復でおそらく
一年に30便ぐらいのキャセイに
乗っているはずだが、
上海便のもっとも格安の便を予約すると
セクターがカウントされない。

20セクターを
クリアするぐらいにうまく調整しながら、
たまにはセクターのつく少し高いチケットも
買おうと思っていたが迂闊だった。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール