もはや天災、突然のフライトキャンセル

ハワイ時間の1月8日7:00AM。

起床してメールをチェックすると
その日日本へ行くユナイテッドの
フライトが機体のメンテナンスのために
キャンセルになったという知らせがあった。

そのフライトは
11:35に出発して日本時間
1月9日16:00に到着する予定である。

その日1泊して
翌10日の10:00AMからは東京で、

「HSBC香港口座開設&海外資産運用勉強会」

をおこない、
16:25の便で香港へ戻る予定。

11日朝には香港でアポイントあり。

スケジュールはぎっしりだ。

ユナイテッド社が用意した代替便は
その日の午後に一旦グアムへ飛び、
翌10日の6:00AMにグアムから東京へ飛ぶ便。

東京到着は10日の9:35AMである。

もちろんそれでは
10時から始まる勉強会には間に合わない。

勉強会には21名が参加予定、
中には福岡、大阪、名古屋など
遠方から来る人もいる。

突然しかもかなりのピンチである。

「あり得ん。。」

しかし、落ち込んでいる暇はない。

とりあえず代替便を抑える。

最悪でもせめて
10日のうちに香港へ戻る必要がある。

そして9日中に
日本へ行ける他社便を探す。

ホノルルを11:10AMに出て、
16:05に成田に到着するデルタ便が
見つかったのですぐさま予約。

料金はUSD917。

時間はすでに8:30AM。

すぐにチェックアウトして
空港へ向かわなければならない。

9:30AMに空港に到着、ほっと一息。

いや、ユナイテッドに電話をして、
グアム経由の便をキャンセルの上
払い戻しを要求しなければならない。

ところがユナイテッドの
サービス担当者に繋がるまでに
相当な時間がかかったうえに、
電話が途中で切れてしまう。

結局、搭乗時間が来る前に
ユナイテッド便のキャンセルと
返金交渉をすることができなかった。

現在、東京から香港へ戻るフライト中。

明日あたりもう一度ユナイテッドに連絡し
事情の説明と返金の交渉をしようと思うが、
予約もキャンセルできていないのでどうなるか。

最悪USD917は自分持ち
ということになるのだろうか?

そうであれば、やるせない話だ。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール