2015年夏のフライト狂想曲(1)

僕は前職で
香港駐在をしていた時代に
キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific)の
ザ・マルコ・ポーロクラブ(The Marco Polo Club)の
メンバーになっている。

香港を拠点に動くので
フラッグキャリアのキャセイを
使うのが便利で利用する回数ももっとも多い。

ちなみに
マルコポーロクラブには
搭乗回数(クラブセクター)と
飛行距離(クラブマイル)の
合計の多寡によって以下のような
メンバーのグレードがある。

グリーンメンバー(Green):年内もしくは前年に20セクターあるいは30,000マイルのフライトに満たないメンバー
シルバーメンバー(Silver):年内もしくは前年に20セクターあるいは30,000マイルのフライトを超えたメンバー
ゴールドメンバー(Gold):年内もしくは前年に40セクターあるいは60,000マイルのフライトを超えたメンバー
ダイヤモンドメンバー(Diamond):年内もしくは前年に80セクターあるいは120,000マイルのフライトを超えたメンバー
インビテーションメンバー(Invitation):マルコポーロクラブに特別な招待状を贈られたメンバー

これらのクラブセクターと
クラブマイルは1年ごとの更新となる。

つまり1年経過したら
蓄積されたセクターとマイルは
ゼロにリセットされ新たにカウント開始となる。

クラブのメンバーであれば、
チェックインや搭乗時に優先してもらえる。

シルバーメンバー以上になれば
毎回のフライト時にビジネスラウンジを
使用することができる。

ゴールドメンバー以上になれば
混雑時のビジネスクラスへの
アップグレードがされやすかったり、
CAのチーフが席まで挨拶に来たりと、
VIPとしての扱いが厚くなってくる。

僕はアジア営業担当で
飛行機に乗ることが非常に多かった
一時期ゴールドメンバーになったことがあるが、
ダイヤモンド以上を経験したことがないので
どれほどの扱いを受けるのかはわからない。

毎回のフライトで
ラウンジに入れるかどうかは
結構大きいので最低でも
シルバーメンバーは
キープしたいところである。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール