外人に近い感覚の海外居住者の日本滞在雑感

午前1:00香港発の便で
成田空港に到着したのは午前6時過ぎ。

日本円の現金を
持っていなかったので
まずは引き出しをしようと考えた。

到着フロアには
いくつかの銀行のATMが並んでいる。

口座を持っている
東京三菱UFJ銀行の赤いマークが
一番遠くに見えたので
荷物を引きずってそこまで行くと
2台並んだATMが両方とも取引中止で使用不能。

「せめてどちらか一方でも
使える状態であるとありがたいのだが」

と、
頭の中でぶつぶつ言いながら
隣のプレスティア(旧シティバンク銀行)の
ATMで引き出しをしようとするも
提携していないのか引き出しはできず。。

軽いストレスを感じながらも
また少し歩いたところにある
別の銀行(どこだったかは忘れた)の
ATMでやっと出金できたものの
早朝ということもあり、出金の手数料が216円だった。

ATM上の案内を見ると、
平日の8:30から18:00までは108円だ、
土日休日も216円となっている。

ATMというのは
機械なので昼夜問わず同じように動くのに
なぜ時間帯によって手数料が違うのか不思議である。

ちなみに香港のATMで
海外あるいは他行のカードを
使って引き出しをすると
昼夜休日問わずHKD15(約210円)の手
数料がかかるのでトータルでは
日本の方が良心的ではあるのだが
高い方の時間帯で出金しなければならないときは
ついつい舌打ちをしたくなる。

日本の公共の場所での
ゴミ箱の少なさは際立っている。

コンビニでドリンクを
買って外に出ると飲み干してからも
空のペットボトルを延々と
持ち歩かなければならない。

ゴミ箱の数が減少したの
はオウム真理教の地下鉄サリン事件が
きっかけだったと記憶している。

もう20年も前のことだ。

テロに使われる毒物や
不審物がゴミ箱の中に
放り込まれるかもしれない、
というリスクを避けるため
駅などにあるゴミ箱の口が
ビニールシートなどで塞がれ、
やがて撤去されていった。

その理由は
十分に理解できることだったので、
利用者も我慢して数少ないゴミ箱まで
ゴミを持ち歩くことになった。

しかし
テロの首謀者・実行者が
逮捕されたあとも撤去されたゴミ箱は
たいして増えなかった。

ゴミ箱の数が多ければ
それを片付ける清掃員の数も
たくさん必要になる。

つまりコストがかかる。

それを負担する側からすると、
ゴミ箱は少ないままの方が
メリットがあるのは確かだ。

もしかしたら
日本に住んでいる人は
ゴミを長距離持ち歩くことに
慣れてしまったのであまり
気にならないのかもしれない。

だが、
海外からたまに日本を訪れると
ゴミ箱の少なさはかなりのストレスである。

なぜなら
他の国ではもっと
たくさんゴミ箱があるからだ。

世界の標準というか、
海外の平均的な人にとって
日本のゴミ箱は明らかに少なすぎるのだ。

東京から成田空港への
電車のアクセスも良くない。

世界を代表する
大都市である東京と
その名前を冠した国際空港の
Airport Express(空港行き特急電車)なら
せめて10分に1本は走らせて欲しい。

上野から出る
京成スカイライナーと
東京や新宿や横浜から乗る
JRの成田エクスプレスが
分かれているのも問題。

成田空港からは
その両方が出ているので
だいたい15分から20分の頻度はある。

会社が違うから
切符も違う売り場で
買わなければならないのは我慢しても、
逆に東京から成田へ向かうときは
かなりの困りものだ。

スカイライナーが
出発したばかりなら
京成上野駅で30分ぐらい
待たなければならないことが珍しくないが、
急いでいるときに「ではJRで」となっときに
また一度東京駅へ行って
乗り換えなければならないのは
不便なことこのうえない。

会社は分かれていても構わないが
せめて両方とも東京から
出発できるようでなければ、
海外の他の主要都市に比べて
利便性がないと思われても仕方がない。

ホテルの
チェックアウト時間10:00AMが
多いのもしんどいところである。

海外のホテルの
チェックアウトは
12:00というところが多いので
どうしても日本のホテルは
ゆっくりできないという印象が残ってしまう。

もちろん良いところもある

特に日本の
コンビニエンスストアは秀逸。

24時間そこそこのレベルの
多様な食品(健康に良いかどうかは別にして)
で腹が満たせるし、
急に何かが入り用になっても
だいたいコンビニで手に入る。

POSシステムで
ニーズを吸い上げて
究極の品揃えを割り出した結果だろう。

ATMで現金の
引き出しも可能、
コピーやプリントもできるので
急な事務作業が発生しても
ホテルやカフェを臨時の事務所に
してきちんと仕事ができる。

また、
結構美味しいコーヒーが
100円で飲めるのも良い。

海外のコンビニには
到底このレベルを要求できない。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール