Cathay Pacific AMEX card(キャセイパシフィックアメックスカード)

いつのまにか
8枚持っていたクレジットカード。

年会費がもったいないので
最近は使用しないものを
どんどん処分していたのだが、
久しぶりに新規のクレジットカードを取得した。

140807cathayamex

「Cathay Pacific AMEX Card」

香港を拠点とする航空会社、
キャセイパシフィック航空の提携カード。

キャセイが加盟している
アジアマイルが以下の計算で貯まる。

・香港での消費HKD8(JPY104)につき1マイル
・海外での消費HKD8(JPY104)につき2マイル
・キャセイのフライト予約HKD8(JPY104)につき2マイル
・キャセイの機内販売で消費HKD5(JPY65)につき2マイル

※HKD1=JPY13計算

なかなかの変換率だ。

カードが発行されてから
3ヶ月以内の消費には以下の特典が付く。

・オンラインでのカード申請に成功=1,000マイル
・3ヶ月以内でHKD5,000の消費につき=5,000マイル
・3ヶ月以内の香港での消費HKD5(JPY65)につき1マイル
(上限40,000マイル=HKD200,000)
・3ヶ月以内の海外での消費HKD3(JPY39)につき1マイル
(上限30,000マイル=HKD90,000)

これを全部クリアすれば
76,000マイルが手に入る。

キャセイの
プレミアムエコノミークラスで
香港-東京を往復すると36,000マイル。

3ヶ月でHKD290,000(JPY3,770,000)を
このカードで消費すれば日本までゆったりと
2往復のフライトが無料になる計算。

年会費はHKD1,800だが
年間HKD150,000の消費か、
あるいはキャセイパシフィックの
メンバーシップであるマルコポーロクラブの
シルバー会員以上であれば無料になる。

シルバー会員になるためには
キャセイで年間20フライトか
30,000マイル獲得する必要があるが、
私はこれに到達しているので年会費はタダだ。

これまでは会社の経費など
多額の消費をするものに関しては
HSBCの法人クレジットカードを使っていた。

実はこのカードのポイントも
アジアマイルに交換ができる。

この法人カードはHKD250の消費で
1単位のReward Cashが獲得できて、
1Reward Cashは15マイルと交換ができる。

計算をすればHKD16.7=1マイルだ。

Cathay AMEXは香港内消費で2倍、
海外消費で4倍もお得ということになる。

もし積立投資にこの
クレジットカードを使えれば
投資をしながらどんどん
マイルを貯められることになるが、
フレンズプロビデントや
スタンダードライフなどは
残念ながらVISAとMasterしか使えない。

ITAはAMEXも使用可能だ。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール