【P案件】ロンドンの不動産案件。セントマークススクエア(St.Mark’s Square)

世界600箇所に拠点を構える
不動産コンサルティング会社のサヴィルス(Savills)は
ロンドン郊外のブロムリー(Bromley)の不動産価格が
2014年から2018年の間に平均で26.3%上昇すると予想している。

ブロムリーサウスで行われている
9,000万ポンド(※約162億円)の再開発は
新たに2億2,000万ポンド(約396億円)の
投資を呼び込むとされている。

ブロムリーの
ハイストリート(HIgh Street)の北部で行われている
520万ポンド(約9億3,600万円)の再開発地域は
セントマークスクエア(St Mark’s Square)から
徒歩で12分の位置にある。

ロンドンから16分の
通勤圏内にあるブロムリーは
ロンドン中心部にアクセスしやすいながらも
まだ単価の低い地域、昨今のロンドン中心部の
不動産価格高騰の波紋は投資家や
不動産賃貸経営者をよりリーズナブルな
価格の郊外へ押しやっているのだ。

ブロムリーには
国内の良質なチェーン店が軒を並べる
ハイストリート(High Street)、
そして135の店舗がある
ザ・グレイズ・ショッピングモールを擁する賑やかな地域、
そしてロンドン有数の有名校もある。

※約GBP1=JPY180

「セントマークススクエア(St.Mark’s Square)」

はブロムリーサウスで
行われている9,000万ポンドを投じた
複合的な再開発プロジェクトだ。

住宅部分は
60ユニットの1ベッドルーム、
136ユニットの2ベッドルーム、
4ユニットの3ベッドルームで構成されている。

ホテルの
プレミア・イン(Premier Inn)は
130部屋、9スクリーンある地下映画館、
9店舗のレストラン、400台の駐車場
(100台がプライベート、300台が公共駐車場)

2016年の第1四半期に完成予定である。

住宅用の建物は
Core A, Core B, Core C, Core D, Core Eの
5棟に分かれている。

そのうち【P案件】で
確保しているのがCore Cの1Fから8F、
Core Eの1Fから7Fだ。

Core Cは2015年11月に完成の見込み、
Core Eの完成予定は2016年2月だ。

sms2

すべてのユニットにはバルコニー
あるいはテラスが装備されており、
一部のユニットは駐車場付きである。

セントマークススクエア(St.Mark’s Square)の
テナントのターゲットはダルウィッチ(Dulwich)や
ブラックヒース(Blackheath)、ロンドン中心部の
賃貸料の値上がりを避けて転居してくる
若年層の専門職の独身者、夫婦、ファミリー。

sms3

セントマークススクエア(St.Mark’s Square)の
毎月の賃貸料と利回りの見込みは以下の通りである。

[賃貸料見込み]

1ベッドルーム:GBP867-GBP997(約JPY156,060-179,460)
2ベッドルーム:GBP1,257-GBP1,560(約JPY188,700-280,800)
3ベッドルーム:GBP1,690-GBP1,733(約JPY304,200-311,940)

[賃貸利回り見込み]

1ベッドルーム:3.3%-4%
2ベッドルーム:3.5%-4.8%
3ベッドルーム:4.2%

◆「セントマークススクエア(St.Mark’s Square)」の購入プロセス◆

1.予約申し込み書、パスポートコピーを提出

2.HKD25,000の予約金の払い込み

3.予約から2週間以内に物件価格10%の頭金の払い込み

4.契約締結から6週間以内に物件価格5%の頭金の払い込み

5.物件の完成時に残りの85%をの支払い

bigben

サヴィルス(Savills)は
大ロンドン都市圏の賃貸価格は2018年までに
25.8%上昇すると見込んでいる。

現地に住むイギリス人による
不動産需要は継続して増加しており、
ロンドンの不動産市場の66%は
こうしたローカルのバイヤーによって構成されている。

ロンドンでは現在
20,000戸以上の住宅が不足しており、
2013年の年間を通して住宅需要は25%伸びた。

これは近年3年間で
もっとも急速な伸びだが、
一方で住宅供給の方は6%しか増加していない。

こちらは12年間でもっとも遅いペースである。

こうしたことが原因で
ロンドンの物件価格及び賃貸価格は
今度も安定して上昇してゆくと考えられるのだ。

【P案件】の在庫状況
http://www.borderless-investment.com/p_anken.htm

【P案件】セントマークススクエア(St.Mark’s Square)のお申し込み
https://ws.formzu.net/fgen/S2318088/

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール