2015年5月、オーストラリア不動産視察(1)

2015年5月19日、香港18:50発の
キャセイパシフィック航空CX111便に搭乗し、
シドニーに到着したのは午前6時。

キングスフォードスミス空港は秋の気配。

思えば25年前の1990年、
はじめて海外に一歩を踏み出したのも
この時期のシドニーだった。

パソコンもインターネットも
携帯もない四半世紀前のこと。

その間に激変した
中国の風景に想いを馳せると、
古い建築物をそのままキープする
習慣のあるシドニーの空港周辺の佇まいは
25年前とさほど変わっていない。

ところが
そんな変わらぬ外見の背後で
シドニーの不動産市場はここ数年で
実に大きな変化が進行している。

僕が今回4年ぶりに
オーストラリアを訪れたのも
それが主な理由だ。

真夏に向かって
蒸し暑さが増していた香港から
秋も深まったオーストラリア。

早速ダウンジャケットを着込む。

「Optus」のプリペイドSIMを
購入してインターネット環境を確保、
AUD45(約4,000円※)で1GBのデータ通信が可能だ。

※AUD1 = 約JPY90(2015年5月頃)

9:20AM発の
ジェットスター便に乗って
そのままブリスベンに飛ぶので
到着したターミナル1からバスで
ターミナル2へ移動。

そこで今回の旅に同行する
”ユニークな一匹狼”こと紺野健太郎氏と合流。

シドニーからフライトで1時間半、
オーストラリアの北東部を占める
クイーンズランド州の州都ブリスベンは
シドニーより暖かく湿度も適度で
爽やかな気候である。

到着してすぐさま
予約していたレンタカーに乗り込み、
現地の不動産業者を訪ねる。

11:00にブリスベン空港に到着、
慣れない道を運転するのでアポイントは
余裕をもって13:30としていたが
交通の便が非常に良く12:00には
先方の事務所に到着してしまった。

人口約200万人のブリスベン。

かなり暮らしやすそうな街である。

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外資産運用メールマガジン【国境なき投資戦略】

投資家として、そしてFA(ファイナンシャルアドバイザー)として海外で20年間生き抜いてきた玉利将彦が独特の視点から語る海外投資の極意

お名前(姓)
お名前(名)
Eメール